わたくし、つまりNobody賞

2019年 第12回

小佐野彈 小佐野彈 小佐野彈

【略歴】

1983年、東京生まれ。1997年、慶應義塾中等部在学中に作歌を始める。 2007年、慶應義塾大学経済学部卒業。大学院進学後に台湾にて起業。 2017年、「無垢な日本で」で第60回短歌研究新人賞受賞。 2018年、第一歌集『メタリック』刊行。 2019年、中篇小説「車軸」が文芸誌「すばる」に掲載され、小説家デビュー。 歌人集団「かばんの会」所属。

【授賞理由】

むらさきの性もてあます僕だから次は蝸牛として生まれたい
擁きあふときあなたから匂ひ立つ雌雄それぞれわたしのものだ
(第一歌集『メタリック』より)

赤であり青でもあると同時に、赤でもなく青でもない「むらさきの性」。この自己規定には与えられた属性への抵抗と、それを超える自由への切実な希求がある。小佐野氏の短歌には、男と女という二項対立を等身大のリアリティで超えるやわらかなセクシュアリティと、人を恋うる気持ちの普遍性があり、それを衒いなく描く健康な感性と、古典的でありながら新鮮な言語感覚に大きな魅力がある。短歌以外のジャンルにも積極的に挑戦しながら、既成の価値観を超えて「未だ言葉にされ得ないもの」に迫ろうとする小佐野氏の表現に期待し、当賞を贈ります。

【ブックリスト】

メタリック (歌集)
メタリック (歌集)

オープンリーゲイとして生きる自分を、短歌という「31文字の文学」で表現する。歌壇でもっとも歴史ある新人賞である短歌研究新人賞の受賞作となった「無垢な日本で」、ホストとの関係を通じて歌舞伎町の虚と実を歌った大連作「メタリック」など、歌の力を生き生きと感じる鮮烈な第一歌集。

短歌研究社◆定価2,000円(本体価格)
2018年5月刊

受賞者一覧へ